本気になれば泣けるんです

しらけ鳥世代なんです。ドリフで志村がしらけ鳥をやっていたとき、学校で大流行しました。
シーンという言葉が流行りだしたのもその頃でした。惨めだったりしらけたり。今思えば後ろ向きな世の中にいたものです。高度成長で走り続けた人たちはが、しらけ鳥で立ち止まり、もっと楽な方法はないかとバブルを見つけ、はじけたとたん現実におびえ出した。そんな感じですか。そんなしらけだったり、人の足を引っ張ったり、出る杭を打ったりなんざは、この国の十八番です。理想を掲げてもしょうがないそうなんだから。その中でどれだけ本気になれるか。今回は役者達の心のそこに眠っている、本気で取り組むハートを呼び起こす為に時間をかけました。足を引っ張られる事も、打たれることも怖くてしょうがありません。誰でもそうです。仕方ないんですそういう遺伝子が我々の中にあるのだから。でも勇気をもって出る杭になったとき、地中から頭を出した時何が見えるのか、希望なのか絶望なのか、それはわかりません。頭を出したとたん、巨大な鷹にわしづかみにされ(鷹にわしづかみというのだろうか?)地上高く連れ去られたと思ったらおもむろに叩き落されるかもしれません。それはわかりません。だから僕達は情報を交し合います。外はどうやらいい世界らしいぞ。いいや俺が聞いたことによると出て行った奴らは皆死んだらしい。本当かどうなのか、よしスコープを出してみよう。見える見える、よくわからんがどうも普通らしい。出てみるか?辞めとけ、鷹に摘み上げられるのが落ちだ。きっとろくな事がない。しかし知りたいどうなっているのか。スコープで見える現実で充分だろ、わざわざ出る事はない。もっとたかくまで伸びるスコープを作ろうそうしよう。なるほどね、フムフム。鷹がいる。やっぱり。だから辞めたほうがいいんだ。歩いていく奴もいる、鷹に連れてかれたぞホラな、やっぱり。あ、鷹を叩き落した奴がいる。鷹に勝ちやがった。あいつは運が良かっただけさ、きっといつかやられる、まあ見ててみろ。やられるがいい。
これからのジャムジャムは地中を出て、未開の地を歩く為に日々苦しい練習を積み上げていきます。もうひねた笑顔は見せません。真っ二つに折ったスコープを天高く放り投げ、おびえた目をこすりながら、這い進みます。そうすれば本気で泣ける日が来るはずだから。
[PR]

# by biritake | 2004-10-13 00:43  

狂おしい日々

稽古終わりの酒宴の席に激しい笑顔がこぼれ出しました。こうなったら大丈夫。
この雰囲気はいつものジャムだ。
お互いの芝居を認め合いつつある笑顔。ベイサイドは言いました「また1つ芝居が好きになりました。」遠い目をしながらカシスオレンジを一気に飲み干し、カシスのような赤い顔をしています。
最終稽古は僕達が昔からよく使っている聖地です。
携帯が壊れ、カエルが死に、目の前にカナブンが落ちてきて、台風が直撃した稽古でした。
行ってきます。更なる飛躍を目指して。
[PR]

# by biritake | 2004-10-11 11:50  

携帯襲名披露

b0036843_10285656.jpg

b0036843_1028571.jpg


携帯電話を買いました。3代目小竹はんです。これは2代目小竹はん。初代こたけはんはIDOデジタルの頃のものでした。7年間で3台目。携帯会社からいい加減買い換えてくれといわれてやってきたのが2代目小竹はんでした。カシオ製のC452CAです。只でうちにやってきました。G-SHOCKのようなので、いつも落としても壊れないのかとか水に入れても大丈夫なのかと聞かれました。そのたびに大丈夫だけど、決してむやみに叩きつけたり水に浸けたりしないで下さいと言われた事を思い出します。30ヶ月こいつとは付き合いました。そろそろ携帯を買い換えようかなという話をしていた時にはじめて行方をくらましました。あわてて探し回ると、そんな事を話していたファミリーレストランの椅子の真下にすねたように転がってました。ちょうど2番目の写真のように。そこからしばらく手放せなくなってしまいました。数枚のシールが貼られ、ストラップは2回変わりました。5円玉は前回の芝居で出た大入り袋の5円玉です。先日突然壊れました。何千回落としても平気だった屈強な2代目小竹はんもよる年波には勝てず、息絶えました。3代目は若さたっぷりのめがね君です。カメラ付きの携帯を買ったら2代目の事をとってやろうと決めていました。全機能つきの最新型携帯3代目こたけはんは新しいもの嫌いの私の手におえるのか。うまくやっていけるか心配です。先日早速車の中で行方をくらませました。先が思いやられるな。
[PR]

# by biritake | 2004-10-09 10:28  

小さな物語

会社に向かう道すがら、カエルが1匹死んでいた。
雨にぬれた黒い路面の上で白いおなかを上に向けてひっくり返っていた。傷1つない白いおなかに、久しぶりの朝日があたってきらきら輝いていた。満員電車の中でもその白いおなかが頭から離れなかった。ふと疑問が浮かんだ。
「何であいつは死んだのか。」
ほとんど外傷もない姿だった。もし車に引かれたらぺしゃんこになってるはずだ。
自然死?しかしあいつはカエルだぞ、死ぬ間際に時代劇の切られ役のようにわざわざ仰向けになって死ぬのか?「無念・・・。」とか言いながら。それもいいな。それでいこう。あ、でも切られたのなら刀傷がなくてはならない。違うな。結局答えの出ないまま会社の現実に向かう。

最近西新宿の高層ビル群に通ってる。50階を優にオーバーするマンモスビルの立ち並ぶ西新宿。わずか数秒で地上50階まで昇る高速エレベーター。乗っていると心なしか徐々に息苦しくなってくる。2.30人乗れるであろうドデカエレベーターもある。外が見えるためそのスピードが手にとるようにわかる。一トン以上あるだろうそのエレベーターを音も、衝撃もなく緩やかに昇り降りしている。一日に何十回も。何百回も。
カエルが浮かんだ。
奴はこの高層ビルに登ろうとした。激しい雨降る東京の夜、気の遠くなるように高い高層ビルを見ながら奴はつぶやいたんだ。
「ケロ。」
そして挑むような目を上に向け、ビルの壁に手をかけた。理由なんかなかったんだ。ただ頭に来た。それだけだ。雨も奴の闘志に火をつけた。一歩一歩のぼる奴の目に顔ぐらいの大きさの雨粒が襲う。首と手に力をこめる。挫けそうになる自分を鼓舞する為に奴は叫んだ。
「ケロ」
無心だ、心は真っ白になる。横殴りの風に襲われ、体が横に大きく揺らいだ。片手、いや吸盤一個で壁にしがみつき、精神を一気に吸盤に集中させた。その横を会社帰りの人たちの疲れた笑顔が浮かぶマンモスエレベーターが瞬きの瞬間に通り過ぎる。奴は皮肉な笑顔を浮かべたんだ。
全てを知り尽くした奴は細心の注意をこめて、一歩一歩昇っていった。雨がやみ東の空が白み出した頃、奴の無謀な意味のない挑戦も終わりを迎えようとしていた。後2歩も昇れば頂上だ。久しぶりの青空から昇る朝日を全身に浴びる事が出来るだろう。奴は自分の昇ってきたビルを振り返りつぶやいた。
「ケロケロ。」
その時一陣の風が吹いた。ゆっくりと広がる朝焼けに奴の白い腹が輝いた。人間達が作った小さな世界が朝日に輝いておもちゃのようにくるくるとまわった。不思議な満足感に包まれながら奴は全てに身を任せた。遠くには真っ赤な富士山が見える。
[PR]

# by biritake | 2004-10-06 22:47  

芝居だ!

なめんなといいました。
土砂降りの雨のなかぐしょぐしょになった靴をはきながら稽古場に向かう途中、照明器具のそろった人工芝の綺麗なサッカーグラウンドで、激しくサッカーをしている若者達を見ました。
グラウンドはぐしょぐしょで、水しぶきをあげるスライディングに彼らの本気を見ました。
時間は夜の8時前。稽古場では役者達が自分の芝居の修正をしてるのだろう、しかし私の足は動来ませんでした。客も誰もいないそのグラウンドに響き渡る、激しい男達の叫ぶ声と、走る足音が私の足を食い止めました。目の前の、グラウンドの脇でアップしている若者たちにとって、でかいかばんをうつろに下げている私は、帰り道に何となくやることもなく立ち寄った、オヤジぐらいに思われたでしょう。
なめんな!
心の中で叫びながらそこを後にしました。
稽古場では役者達が、サッカー青年達よろしく白熱した演技を繰り広げていました。公演も近づき、プレッシャーも増すなか、彼らのもてる力を試しているその姿が、サッカー青年達とダブります。皆本気なんだ。
稽古終わりに、当たり前のように飲みました。
「お通しはなしで。」
当たり前のように言い放つ坂内。自然。あまりにも自然。
飲みながらいつしか芝居の話に。
なめんな、演劇なめんな。
当り散らしながらビールをなめます,お通しなしで。
つきません夜はつきません。芝居以外喜びを知らない悲しい僕達は、かぼちゃの馬車が出るギリギリまで話し尽くします。
なめんな!
今日も熱いだけの私の話に、真剣にうなずく彼らでした。
[PR]

# by biritake | 2004-10-06 01:46  

出来ました。

なんか別にこれといった特別なタイミングではないのですが、ほろ酔い気分の
勢いに乗って、なんかブログ作ってみました。こんな事でいいのかどうすれば効果的に
なるのかよくわかりませんが、これといった趣味もないので演劇人生などという事にしてみました。
それもこれも日記サイトがいつまでも再開されないのが原因で、それをいいことにサボってんのかと思われるのも何かしゃくだし、本番も近づいているわけですから、それに関してのドキドキ情報や裏情報、芝居に対する思いなんかをまぶしたりなんかしていこうかなと思ってますので、よろしくお願いします。ふつつか者ですが何卒よろしくお願いします。
[PR]

# by biritake | 2004-10-03 01:13