<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

不思議の顔のけんちゃん

よく行く仕事先にけんちゃんと呼ばれてる男がいる。
けんちゃんはグループサウンズの頃のショウケンのような激しい横わけで、異常に細いウエストを持ち、えせフランス語を話すというナイスガイなのだ。
オフィスに入ると、デスクにはパソコンなどが並んでいて、仕事をしているから皆下を向いていたり、画面を見ていたりするので、目が合う事はあまりないのだけど、けんちゃんはいつも顔をあげてきょろきょろしている。まるで巣穴から出て外敵を気にしている、横わけのミーヤキャットのようだ。そう、全くと言っていいほど仕事をしている気配がない。なので私が入っていくと必ず目が合う。私がけんちゃんとは全く関係ない作業をしているにも関わらず
「お、はよう、ございます。」と寄ってきて少し触る。
「おはようございます。」
と普通にかえすと。
「大丈夫ですか?声がおかしい。」
と、絶好調の私にやさしい気遣いを突然見せゆらゆらとオフィスから消えていく。
いつ訪れても一体彼が何の仕事をしているのか、皆目見当がつかない。
最近ではそんなけんちゃんを探している自分がいる。
先日会社の仲間がそこを訪れた時、けんちゃんは気難しそうな上司に仕事をしない事を理由に火の出るような勢いで怒られていたらしい。
大丈夫かなけんちゃん。分け目が逆になってないかな、なんて余計な心配しながら翌日おとづれると、書類の束をわけもなく抱えながら
「おはよーございます。」
といつもどうり突然現れ、書類の角で少し私に触りながらゆらゆら通りすぎていった。
よかった、分け目いっしょだと胸をなでおろした。
[PR]

by biritake | 2005-10-28 00:33  

モノホン

今日は平日稽古。さすがに忙しい人たちもいて中々満足には役者がそろわない。
仕方ないです。夢だけでは生きていけない
そろったメンバー達とできるところを煮詰めていく。
世界観の押し付け合い。
とっても美しい。もっともっとフラットなところで触れ合いたい。
いい芝居という答えのない理想に向かい、手探りで向う私たちが立派な共犯者として認め合えるかどうかの作業。稽古場とはそんなところなのかもしれない。

本物ってなんだろうと考えた。よく出来た精巧な偽物は本物ではない。
例えば、高級時計で考えた。
その高級時計だって、偽物があるから光るのだ。
偽者があるから本物が光る。
真実だ。
けど、そんなところに価値を求めるべきなのだろうか。
偽者があるから本物があると言うほど、本物は、本物としての価値はないのだろうか。
自分の持っているのは本物だと主張する事の無意味をかみ締めたい。
偽物でいいというのでは全くない。
そんな事ではない。
どれだけそのものと向き合えるのか。本物が本物として存在するかどうかはその人の思い入れと比例するのかもしれない。
本物であるという事にとらわれる人は本物ではない。
ゆえにその物は本物ではない。
本物が本物として光り輝く姿のわかる人になろう。
これだけ大切なものの多い世の中だから。
二束三文な本物でいよう。
今は・・・
[PR]

by biritake | 2005-10-21 00:59  

きんもくせい

いい季節ですね。雨は多いけど。
大好きなんですこの季節。
季節の表示は春夏秋冬だけど僕は夏秋冬春なんです。
それはちょうど人が成長していく過程に似ているんです。
子供のときはいつも夏でした。ただ意味もなく走り回っていた気がします。
自分の中にある熱いものが消化できずただ走り回っている。
感情の迸る季節。だから夏

秋は大人です。そういうわけにはいかないやという季節。
裸では生きていけないよと気づく季節。
半袖短パンの季節は終わり、世の中の冷たい風が吹き付ける。

冬。戦いです。ちょっと気を抜くと死につながる季節。
外で走り回り続ける事はできない。家の中にいてもぬくもりを手に入れなければ生きていけない。思ってもみないところから隙間風が。

春。死なのかもしれません。それは、甘くは考えてないけど、そこにあるのは幸せであって欲しいと願う気持ちもこめて、春。

今は秋。次の冬を強く乗り切るためにも、静かなる春を待ちます。
[PR]

by biritake | 2005-10-19 01:19  

「幕は下りない」完成!

出来あがりました。台本。早かった今回。思い返せばつらつらと書けてしまったような気がします。仕上がるときの胸の震えはいつものとうり。不安と期待の入り混じった激しいものでした。

今回は劇団のお話です。
ジャムも10周年を向え、ここまでの自分達を見直すべく、真っ直ぐに役者達をみつめた作品にしました。おっと、あぶねぇ。ドンドン書いて行ってしまいそうなのでこの辺で・・・。
楽しみにしていてくださいね。

それなりに劇団は成長しています。今すごくそれを感じます。

ビッグなニュースも近々発表できますので、楽しみにしていてください。

狂ってみます今回。芸術家のように、なんか、深い演劇の世界に狂ってみます。
自分の全てを出し切って、向います。
その先には何があるのか。
何が来ようとも、ゴリっと受け入れられるほど、狂ってみます。

イヒヒヒ

いけね、鼻血出てきちゃった。
[PR]

by biritake | 2005-10-17 23:49  

旅行

ある旅行会社から宇宙旅行の販売が始まったらしいですな。
地球の周りに少しだけいるのと、宇宙ステーションに1週間滞在するツアーと、宇宙ステーションに少し滞在して月の裏側を回って帰ってくるのとがあるらしいですな。
爆笑問題が、宇宙でかに食べ放題って言ってたけど、本当にそのうちそうなるんじゃないかな。
僕のおじさんで、旅行は地図だけでいいって人がいます。地図を見ながらその場所に行った気になって楽しむらしいんだけど、想像を働かせればそれだけでも楽しめるのかもしれない。
疲れたりもしないしね。
若い頃はそんなことじゃ楽しめないと思ったけど、今はちょっとその楽しさがわかる。

でもね、どこかへ行きたいですわ。
ホテルは海の側でね、やわらかい日差しが差し込んでるんですな。どこか手作り感のあるこじんまりとしたホテルでね、窓からは青い海が見えてるんですよ。大きな犬を散歩させている人ぐらいしかいなくてね。周りは山に囲まれたような、とっても静かなホテルなんですな。
美味しそうなジュースがさりげなくテーブルにあるんです。グレープかなあるんです。
余計なものはあまりなくてね。やさしい絵なんか飾ってあるんです。ベッドはフワフワです。包み込まれるような、フワフワ。静で大きなお風呂があってねいつもいい湯加減のお湯が沸いてるんです。おとなしい犬がいてね。なんか色々持ってくる賢いやつでね。夕日を見ながら頭なでるわけですよ、グラスを持たない方の手で。そんなとこに1週間ぐらいいたらもっと頑張ろうって気も湧いてくるかな。

・・・もう少しもう少しで台本できます。
[PR]

by biritake | 2005-10-10 22:58  

新物嫌い

あんまりね、ないんですよ興味が。昔から。新しいものに。
中学生ぐらいの時です。まだその当時は珍しかった、ルコックというメーカーの靴をはいていった時「なにそれ」と仲間に言われ、ルコックっていうんだと、ちょっと自慢げに語っていたのだけど、まあ大して評判にもならず、ルコックに対して詳しくもなかったのでそんなもんだなぐらいで過ごしたときが唯一新しいものを買ってみんなに見せびらかした時だったのかもしれません。
嫌いというのは語弊があるな。
興味がない。
これかな。
先日、台本執筆中にもかかわらず、長年使っていたプリンターが壊れてしまったので、仕事帰りに飛び込むようにさくらやに駆け込んだ。
中々時間がなく買いにいけなかったときは、稽古の日の朝、ジェット朗にメールをしてプリントアウトしてもらっていたのだが、家で出来ればギリギリまで書けると思い、やはり買いに行く事にした。
陳列してあるプリンターの中から、一番安いやつを選び見ていたのだが、今まで使っていたのと同じタイプのものだったので、違うのにしようと思い、ちょっと高いやつを選び店員を呼んだ。
いろんな説明を受けたのだが、果たして自分のパソコンにつなげるのかわからないまま、「まあつなげなくても何とかなるでしょ、ねぇなりますよね。」と半ば強引に買うという態度に店員は困っていた。店員が「この秋に同じメーカーから新しいバージョンの物が出ますがご存知ですか」と言われた時も「ああ、そんなの別にいいです。」とすぐに言い返したときは、ああ、私は本当にそんなことはどうでもいいんだとつくづく思ったものでした。
結局、色違いはないのかとか、そんなことで、説明もそこそこにそのプリンターを購入。
早速家に帰って試してみると、これがめちゃくちゃ早い。世の中は今こうなってるんだと感心しながらも、そんなに急いでたら、すぐに壊れるんじゃないかと変な心配をしてしまった。

結局、台本を出すだけなので、こっちの機種が性能がよくて安いとか、やれ、写真がきれいに出るとか、そんなことはどうでもよく、それをしてる時間があったら違うことをしていたいわけで、そういう意味で私にとってはそんのない買い物と言う事になるわけです。

新物嫌いというよりはあっちのがこっちよりも安いとか、性能がいいとか、そういうことに喜びを見出せない性格なんでしょう。
だから芝居やってるのかもしれないですな。
やれ洗濯機も斜めになってみたり、イオンだ、ワンタッチだ、ドルビーだ、薄型だ、くるくる変わる世の中に目が回る。
世の中が変われば仕方のないこともあるけれど、最低限のことで私はいいです。

求む!壊れない家電。
[PR]

by biritake | 2005-10-06 00:13