カテゴリ:未分類( 186 )

 

蕎麦横領罪

立ち食いそば屋が好きです。

今一番好きなのが富士そばにある、豚しゃぶ丼セット。

もちろん季節に関係なく盛り蕎麦でいかせていただいている。

仕事場の近くという事もあり先日も500円を握りしめ江戸っ子よろしくのれんをくぐった。

そば茹での途中なのかかなり待っている人がいて、さすがに迷ったが舌が豚しゃぶのタレ味を追い求めていたので、食券を置き待つ事に。

豚しゃぶセットのお客様〜

ときたので満を持して立ち上がると、その豚しゃぶに手をかけている男がいた。


ん?ん?


と言いながら迷っている様子

まあ、メニューがかぶる事は良くある、先に頼んでいた人なのだろうと思っていたら、彼はおぼんを下げ、隣にある天ぷらそばを手にした。

途端に戦慄が走る

彼は明らかに丼は頼んでいないのだ!

しかも、こっちは盛り蕎麦。間違えるはずなどこれっぽちもないはずなのだ!

犯罪の黒い雲が立ち込める


計画が失敗したくやしさからか激しい勢いで蕎麦をすする男を盗み見ながら、すぐ近くにある犯罪に思いをはせた。

豚しゃぶだけは誰にも譲らない。

PS 日記を引っ越しマース

こちら

http://ameblo.jp/jambossking


変わらずご愛顧くださいませ
[PR]

by biritake | 2009-12-14 13:42  

気持ち悪い文字シリーズ

b0036843_2333265.jpg

MITIPEDIA参照

タの新種

発音はトゥ
[PR]

by biritake | 2009-12-10 23:03  

マニーチェンジエブリシング

先日、一年間全くお金を使わずに暮らす事にチャレンジしたという元証券マンだかのイギリス人のニュースを見た。

洗剤なんかも木の実を煮立てたりして作っちゃう。

食べ物もそこらに生えてる食べられる草を食べちゃう。

もちろん畑もやりながら。

トイレなんかも穴掘っちゃってそこで済ましちゃう。

ほんで半年で彼女逃げちゃう

一年通してみて、いかにお金がストレスだったかが解るという。

この生活を辞めるつもりはないらしい。


本当にできるの〜?と手品を見て種を必死で探すみたいな、野暮な考えに陥ってしまったと同時に激しい憧れにも似た気持ちが浮かんでくる。

世の中の価値を決める道具としてお金はある。


あなたは今この値段ですと月々銀行に振り込まれる


納得するしないに関わらず今はその価値なのだ。


自分はもっと価値ある人間なんだと叫びながら今日も通帳とにらめっこ。

ああ〜もっと価値を!

ただね、今思うのは、物事の価値をお金でしか決められないような自分ではいけないなと、負け犬の遠吠えとして言わせてもらう。


お金で価値を決めるのは簡単だからこそ安易に流されてはならないのだ!


ああ〜もっと愛を!

自分での作った芋を囲炉裏で煮込みながら明日の狩りの手筈を考える人生を夢見て、今日も電車に揺られます。


もっと…
[PR]

by biritake | 2009-12-07 19:38  

テニス

b0036843_2091953.jpg

b0036843_2091972.jpg

[PR]

by biritake | 2009-12-02 20:09  

小さな光

ヤマトタケルが船を並べ川を渡ったことからその名前がついたという、由緒正しい街、船橋にお呼ばれし、ジャムジャムホリデーの芝居に行って来ました。


会場となった「喜や」はマスターと共に落ち着いた、アットホームで楽しいお店でした。


初めて訪れた船橋駅にピーナッツ最中のポスターがあったので、やはりピーナッツ最中は有名なのですか?と笑顔のマスターに尋ねたところ、特に有名というほどではないという。

「どこも今一緒ですよ東京みたいで」


と少しこぼしてました。


確かに今や街の特色などは特になく、大体同じような街が拡がっている気がする。

かといってピーナッツ型の街にするのも違うのだろうけど、少々寂しさは感じるのは確かだ。


田舎が嫌で東京に飛び出して来て、数十年。

地方分権が言われ出した今、住む街を見つめ直すのもいいものかもなぁ〜なんて、酔っぱらいながら笑う船橋の方々を見ながら、いや音響に戸惑いながら考えた夜でした。


演劇に出来ることがあるかもしれない。


遠くに小さな光だけが見えた
[PR]

by biritake | 2009-12-01 14:58  

食って寝

風邪をひいた

久しぶり

子供の頃は病弱で年がら年中風邪をひいていたが、そのおかげなのか、バカになったからなのか大人になってからはほとんど風邪をひかなくなった。

子供の頃から風邪をひいてもお粥などは嫌いだったためとにかく食べて治すぞとしこたま食料を買い込み、生姜やら何やらをからめながらただひたすら寝た。


もう眠れないなぁなんていう時もただひたすら布団にもぐりこんでいたら、以外にこれが眠れるもので、起きたらすっきり治っていた。

寝過ぎの体の重さはそもそもの疲れが現れている状態なのだと何かで聞いただから、さらに上をいくくらい布団にしがみついて寝た。


勘違いかもしれないけど


薬が嫌いなので普段飲んでいなかったのも良かったのかも。


食って治せは母の教え。

怪我で倒れたルパン三世が食って寝て治そうとする場面が浮かぶ。


カリオストロの城だったかな?


力一杯寝るはこれからのため
[PR]

by biritake | 2009-11-23 21:48  

今は今

横光利一の「時間」が好きな今、過去と未来なんてものは何もなく全てほんの一瞬である今の積み重ねでしかないならば死ぬのなんかも大して怖くないということを書いた作家がいると言っていた尊敬すべき人の事を考えている今、何となく大好きな毛布にくるまり虚空を見つめながら実は少し寝ようかななんて事も考えながら、こうしている間も一瞬は過ぎ去って行き、死ぬまでの一瞬を積み重ねているだけなのだと思うといてもたってもいられない焦りを引きずりながら、机に開いたノートの白さに打ちのめされるのは怖いなぁなんてこともほぼ同時に思い、馬鹿なそんな白いごときで負けるわけないさ、Vコーンという大好きなペンがあるじゃないか、大丈夫白い壁はベルリンの壁のようにいつか強烈なイメージとVコーンのもとに崩れ去るはずさなんて少し鼻をほじりながらそれでも虚空を見つめてる一瞬はやはりカチカチと死に向かいつつあるのだ。
>
>おやすみなさいが今なのか?
>
>明日はどっちだ
[PR]

by biritake | 2009-11-16 23:39  

横光利一

今、少しはまってます

何だかすごく小さな事で激しくうごめきのたうちまわってる作家です

しかしその小さな心の動きにたまらなく心うたれてます。

美しく彩ろうという気のないストレートな心模様に、小さな僕は共鳴しております。

一人じゃないんだって思えるのも本の魅力ですね。
[PR]

by biritake | 2009-11-10 00:01  

つまり身体に合わないのだ

2回日記をアップしたが、2回とも失敗

完全にくじけた


つまり何かが身体にあわないのだ

携帯で載せるのは難しいのだきっと

何か得体のしれないものが身体からながれてるのだ


恐ろしくて確認ボタンが押せない

押せば消えるかもしれないボタンばかりだ。


何処に行ったのだろ、消えた思いは


名文なのに
[PR]

by biritake | 2009-11-02 23:41  

始まった

3月にはじまる春公演に向け定期的に日記をアップすることになった。

週刊ボス日記として毎週月曜日にアップする事になったのだけど、なんと今日は日曜日!

初回なので1日早くアップしてしまうのだ!


それはまるで水曜日発売のはずのマガジンが火曜日にもうならんでいる近所の駄菓子屋みたいなお得感


どうだろ?


これからは月曜日でコツコツ行きます!


台本書きはじめてます


新作です


自律神経をなだめながら異常な日々に突入します


何故か便秘気味


産みの苦しみなのでしょうか


亀の産卵は快感なのか


乞うご期待!

意味解りません。もちろん
[PR]

by biritake | 2009-10-25 12:01