軽いめまいを・・・

ものすごく早く流れる雲の向こうに、きらきらとした入道雲が聳え立っていました。
会社の近くの東京タワーは、雲の中に隠れたかと思うと突然現れきらきら光っていました。
思えば台風というのはすごいですな。南の方の気の遠くなるような海の真ん中でものすごい勢いで照りつける太陽で蒸発した大量の水が上昇して、なんかいろんなことになって、ものすごいパワーで回りだし、人間の立てたものをなぎ倒しながら、ものすごい大量の水を降らせる。
僕ら人間が作ったものなんかあっという間に飲み込んじゃう。
海の水は蒸発しては雲になり、また海に降り注ぐ。ずーっと昔からただそれだけを繰り返してる。
人が1日に1リットルの水を飲むとすると、世界じゅうで毎日63億リットルの水が飲まれている。
それを出しちゃうから・・・うわー大変。年間にすると・・・まあたいへん。
今日も太陽は照りつける。

台風が去った夕闇の空に、綺麗な三日月が見えました。

思えば月は、そんな青い地球をずーっと昔から見ている。小さく小さく青地に白い模様が動いているのを、灰色の月は沈黙の中で見ている。
そしてまたその先には無数の星があって、地球なんて暗闇の中にいつのまにか消えてしまう。
そしてそのずーっとずーっと先には・・・花が一輪

台風が去った夕闇の空に、綺麗な三日月が見えました
60兆個の細胞から出来てる僕のほんの一部分がそれを見ている。
60兆個の細胞の一部は毎日分裂を繰り返し、心臓は休みなく動いている。
60兆個の細胞からなる人間は、今まで何人死んだのだろうか。
その細胞の数は・・・
出るか無量大数。
ああ、くらくらしてきた。
[PR]

by biritake | 2005-09-08 00:55  

<< ムネガイタイ 9.11 >>