マニーチェンジエブリシング

先日、一年間全くお金を使わずに暮らす事にチャレンジしたという元証券マンだかのイギリス人のニュースを見た。

洗剤なんかも木の実を煮立てたりして作っちゃう。

食べ物もそこらに生えてる食べられる草を食べちゃう。

もちろん畑もやりながら。

トイレなんかも穴掘っちゃってそこで済ましちゃう。

ほんで半年で彼女逃げちゃう

一年通してみて、いかにお金がストレスだったかが解るという。

この生活を辞めるつもりはないらしい。


本当にできるの〜?と手品を見て種を必死で探すみたいな、野暮な考えに陥ってしまったと同時に激しい憧れにも似た気持ちが浮かんでくる。

世の中の価値を決める道具としてお金はある。


あなたは今この値段ですと月々銀行に振り込まれる


納得するしないに関わらず今はその価値なのだ。


自分はもっと価値ある人間なんだと叫びながら今日も通帳とにらめっこ。

ああ〜もっと価値を!

ただね、今思うのは、物事の価値をお金でしか決められないような自分ではいけないなと、負け犬の遠吠えとして言わせてもらう。


お金で価値を決めるのは簡単だからこそ安易に流されてはならないのだ!


ああ〜もっと愛を!

自分での作った芋を囲炉裏で煮込みながら明日の狩りの手筈を考える人生を夢見て、今日も電車に揺られます。


もっと…
[PR]

by biritake | 2009-12-07 19:38  

<< 気持ち悪い文字シリーズ テニス >>